高齢者は「物」を不用品として扱いたくない - 神戸の不用品回収センターすたーとらいん

  1. TOP
  2. 不用品回収
  3. 不用品回収コラム一覧
  4. 高齢者は「物」を不用品として扱いたくない

2021/2/5

高齢者は「物」を不用品として扱いたくない

物がたまっている部屋の写真

こんにちは、まだまだ寒い日が続きますが皆様、体調は崩されてないですか(^^)

 

すたーとらいんの滝村です。

 

 

ご依頼主様から、ちょくちょくご相談されるのが

 

「80代の親が中々、物が捨ててくれず家の中が不用品で溢れてる」

 

「久しぶりに実家に帰ったらゴミ屋敷状態になってた」

 

「生きてる内に不用品を減らして欲しいと親を説得してる」

 

「一緒に片付けようと説得しても、親が全く聞く耳を持たない。」

 

とご相談が寄せられています。

 

 

そうなんです!なぜかご高齢の方に多い要らない「物が捨てられない」「いつか使うから置いておく」という相談を多く頂きます。

 

本日は、「ご高齢の方は物を捨てない問題」に焦点を当ててみたいと思います。

戦争時代を乗り越えてきた高齢者たち

戦争が起きていた当時、日本は贅沢を憎む時代でもありました。

 

その時代を経験していた方は、食べ物を維持することすらも厳しい状態の中で生きていかなければならない苦闘を強いられていました。

 

 

つまり、物が手元に無い時代を必死に生きてきた世代なのです。

 

 

現代では信じられないとは思いますが、戦争時代に生きてきた高齢者にはこうした背景がありました。

 

物は自分が生き続けている証

そんな戦争時代を乗り越えてきた方にとって、その時代から常に守り続けてきた物は「記念品」として抱いています。

 

若い人よりも何十年も生きて来られた方々ですから、その記念品からは沢山の思い出が湧いてくることでしょう。

 

 

つまり、守り続けてきた記念品は、自分が生き続けている証だということです。

 

そのため、記念品である物は捨てられないのです。

 

自分が保有できる物には限界がある

しかし、いくら守り続けてきた記念品は大切なものとはいえ、やはり自分が保有できる物には限界があります。

 

 

老化は人によって進みが異なりますが、年を重ねるごとにできていたことが突如できなくなり、いずれ誰かに助けが必要になることは必ず起きます。

 

歩くことも苦労し、物が沢山散乱している部屋の中を歩いていると、つまづいてしまう恐れがあります。

 

 

しかし、前述した戦争時代を乗り越えてきた方々は、「今まで誰にも頼らずに強く生きてきたのだから、誰にも迷惑なんかかけたくない」と、自立心を抱いている方がほとんどです。

 

そのため、このような転倒する恐れのある状況でも本人にとっては気にしないのです。

 

 

それどころか、まだ使えるものはそのまま保管し続けます。

 

物のためこみには注意

とはいえ、そのままの状態を放っておくわけにはいきません。

 

しかし物を記念品として考える高齢者は、他の人に保有してある物に手を出してほしくないのです。

 

そのため、片付け業者に依頼して、少しでも助けになればと考えたとしても、なかなかわかってくれません。

 

仮に本人には内緒でこっそり片付けをしてしまうと、さいあく喧嘩になってしまいます。

 

 

なので、まずは本人に事情を話し、本当にいるものなのか、いらないものなのかを理解してもらいながら、少しずつ仕分けをしていくことが大事です。

 

すたーとらいんにお任せください

実家を片付けるには、親を説得して専門業者に頼むのが最も効率的で確実です。

 

自分で片付けをする場合でも家財の処分費用やゴミ出し、不用品回収業者への依頼などでお金はかかります。

 

 

そのため、少しの片付けであっても清掃をまとめてしてくれる業者に依頼するのが良いでしょう。

 

ただし、業者に依頼する費用を親と自分、どちらかが負担するかについては話し合いが必要です。

 

 

費用面でのトラブルを防ぐためにも、明瞭な見積もり、的確なサービスをご提供できるすたーとらいんをぜひご検討ください。

コラム監修者

コラム監修者の写真

■遺品整理士 認定 第IS24692号

営業兼作業責任者

賀内 健次

環境問題に取り組み、仕事を通じて次世代の人たちへ繋がるお仕事を目指しております。

他社より1円でも安くご提案

お電話後、30分~1時間で到着!

今すぐお電話ください!

女性スタッフ
在籍

●お見積り0円 ●業界最安値 ●即日お伺い致します!

年中無休24時間対応

クレジット
対応!

PayPay JCB VISA マスターカード

0120-928-760

LINEで無料見積りはコチラ メールで無料見積りはコチラ

年中無休24時間対応

0120-928-760

お見積り0円業界最安値