不用品回収作業で傷がついたときの証拠を残そう - 神戸の不用品回収センターすたーとらいん

  1. TOP
  2. 不用品回収
  3. 不用品回収コラム一覧
  4. 不用品回収作業で傷がついたときの証拠を残そう

2021/9/29

不用品回収作業で傷がついたときの証拠を残そう

養生シートを用いた搬出の様子

引越しや大掃除などで多量の不用品回収を依頼する際、業者スタッフが自宅の中へ入って作業することになります。

 

 

不用品回収を行う現場は様々で、急な階段や狭い廊下の中で物を搬出しなければならないなど、全て十分なスペースで作業しているわけではありません。

 

そのためほとんどの業者は細心の注意を払って、養生シートを用いて家の壁や床に傷がつかないよう対策をとっています。

 

とはいえ、もしものことも考えてその業者は賠償責任に適応されているか確認、他にも保険に加入しておく必要があります。

 

 

何故なら中には作業中に養生シートを使用せず、傷をつけたことを無視する業者がいるからです。

 

そういった業者は、作業前にはない傷が出ていたことを指摘しても「証拠はないですよ」と言われてなかったことにしてしまうのです。

 

 

これは大手の業者であっても、口コミの多い有名業者であっても起こりうることです。

 

必ず許可を得ているのか・保険に加入しているのかを忘れずに確認しておきましょう。

 

 

証拠を残すことが大事

人間100%ではない以上、どうしても「絶対に傷は付けない」とは限りません。

 

何らかの理由で傷がつく可能性は考慮しておいた方が良いでしょう。

 

 

問題なのが上記のように傷を付けたことを黙って後から指摘しても「自分はやっていませんよ」と認めないことです。

 

 

これに関しては難しい所で、業者スタッフからすれば自宅の中に入るのも初めてですからもしかしたら「元からこうなっていた」と認識しているのかもしれません。

 

なので、いくら「ここ傷つけたやん!」と口にしても証拠がなければ十分な説得にはならないのです。

 

 

業者とのやり取りでトラブルを防ぐには証拠を残すことがとても大事になっていきます。

 

 

証拠を残すための対策

写真を撮ろう

「傷を付けてしまいそう」ということを予め考慮し、依頼前の状況を確認してある程度写真を残すといいでしょう。

 

作業前と作業後の写真を撮っておけば確実に証拠としてカタチに残すことができます。

 

 

ボイスレコーダーで録音する

一応の事も考えてボイスレコーダーを準備しておくのもアリです。

 

物の搬出の状況を音で何となく察知できる他、「あ!やってもうた!」という言葉ももしかしたら録音できるかもしれません。

 

 

いずれもスマホのアプリで活用できるので、万が一の証拠として活用しましょう。

 

 

すたーとらいんは丁寧な搬出に自信があります

すたーとらいんは、神戸の不用品回収業者です。

 

すたーとらいんは、丁寧な搬出作業で迅速対応をしております。

 

万が一のことも考慮して最大10000円の賠償適応サービスを承っておりますが、勿論一切傷を付けることのないよう心掛けております。

 

 

不用品回収の搬出でお困りならすたーとらいんにご相談ください。

 

 

まとめ

引越しや大掃除などで多量の不用品回収を依頼する際、家に傷を付けてしまう可能性はどうしてもゼロではありません。

 

その中で業者とのやり取りでトラブルが発生してしまうと非常に厄介なので、証拠を残してトラブルを防ぐことがとても大事になっていきます。

 

作業前と作業後の写真を撮っておけば、確実に証拠としてカタチに残せるので、「傷つけることを避けたい」と感じたら是非意識してみましょう。

 

 

もしごみの片付けでなにかお困りごとがございましたら是非「0120-928-760」へお問い合わせください。

コラム監修者

コラム監修者の写真

■遺品整理士 認定 第IS24692号

営業兼作業責任者

賀内 健次

環境問題に取り組み、仕事を通じて次世代の人たちへ繋がるお仕事を目指しております。

他社より1円でも安くご提案

お電話後、30分~1時間で到着!

今すぐお電話ください!

女性スタッフ
在籍

●お見積り0円 ●業界最安値 ●即日お伺い致します!

年中無休24時間対応

クレジット
対応!

PayPay JCB VISA マスターカード

0120-928-760

LINEで無料見積りはコチラ メールで無料見積りはコチラ

年中無休24時間対応

0120-928-760

お見積り0円業界最安値