いつ、遺品の片付けを行うのがベスト? - 神戸の不用品回収センターすたーとらいん

  1. TOP
  2. 遺品整理
  3. 遺品整理コラム一覧
  4. いつ、遺品の片付けを行うのがベスト?

2021/2/8

いつ、遺品の片付けを行うのがベスト?

春の暖かさが訪れるかと思いきや、また冬の寒さに戻ったりと、なかなか安定しない気温が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

すたーとらいんの久保内です。

遺品整理を行う前の部屋の様子

皆さん、自分が遺品整理を始めることになった時「正直大変そう」と思ったことはありませんか。何時どのように手を付けるべきなのかはわからないですよね。
この記事では、どのようにして遺品整理を進めていくべきなのかをご紹介します。

遺品整理は「その期日までにやらなければならない」という決まりは特になく、状況次第で適切な時期が変わっていきます。

 

しかしそうはいっても「じゃあどのタイミングで行えばいいのか」を判断するのはなかなか難しいと思います。そこで少しでも参考になるよう、主に遺品整理の適切なタイミングをご紹介します。始めるタイミングに迷っている方は是非参考にしてください。

適切なタイミング

手続きを終えてからにしよう

人が亡くなると様々な手続きを行わなければならなくなり、同時進行で行うのには正直大変です。
遺品整理の前に、以下の手続きを事前に終えてから取り組むようにしましょう。

・死亡届
・電気代、水道代、ガス代
・年金、保険金
・その他

相続税が発生する前

相続税とは、亡くなった人の財産を引き継ぐ人にかかる税金のことをいいます。
亡くなった人の財産が相続税の非課税額を超えていれば、相続の申告書を税務署に申告しなければなりません。申告書は、その人が亡くなってから10ヶ月以内に提出しなければならず、万が一過ぎてしまうと相続税の控除を受けられなくなってしまいます。

 

このように比較的複雑であるため、相続の手続きに関しては早めの対処を心掛けましょう。

四十九日を迎えた後

四十九日とは、「命日から数えて49日目に故人の魂が来世へ旅立つこと」を言います。
それに伴い、四十九日を目安として遺品整理を行うと良いでしょう。

 

またこの日は、親族が一同に集まるときでもあり、親族間と遺品の形見分けについて話し合うこともできるので、一人で遺品整理をしようとせず、親族と話し合いながら行うようにしましょう。

是非すたーとらいんにお任せください

身近な人が亡くなると、精神的に辛い上に、様々な手続きに加え遺品整理を行わなければならないため、更に精神に負担を負いやすくなると思います。

 

すたーとらいんでは、そんな遺品整理に関するお悩みを即解決致します。
もし今回の記事を読んで、自分の悩みと少しでも当てはまる場合は、是非ご相談ください。

コラム監修者

コラム監修者の写真

■遺品整理士 認定 第IS24692号

営業兼作業責任者

賀内 健次

環境問題に取り組み、仕事を通じて次世代の人たちへ繋がるお仕事を目指しております。

他社より1円でも安くご提案

お電話後、30分~1時間で到着!

今すぐお電話ください!

女性スタッフ
在籍

●お見積り0円 ●業界最安値 ●即日お伺い致します!

年中無休24時間対応

クレジット
対応!

PayPay JCB VISA マスターカード

0120-928-760

LINEで無料見積りはコチラ メールで無料見積りはコチラ

年中無休24時間対応

0120-928-760

お見積り0円業界最安値